業務案内

交通事故

交通事故について

 保険会社は交通事の被害者の方が保険金を請求しても保険金を出し渋ったり、不当に低い金額を提示したりしてくるものです。
 しかし、交通事故の被害者の方は提示された金額でよくわからないまま納得してしまう方が多いのが現状です。

 交通事故の被害にあわれ、保険会社と交渉を開始しようと考えている方、保険会社から提示された賠償金に疑問をもった方はお気軽にご相談ください。

保険会社との示談交渉

 交通事故に遭われた場合、被害者の方は保険会社の担当者と通院治療や賠償金の話し合いをすることになります。

 しかし、保険会社が提示する賠償金の金額は、本来支払われるべき適正な賠償額(裁判所基準)より低い自社の基準であり、法的な根拠はありません。保険会社の基準より、裁判所基準の方が賠償金の額が2~5倍も高くなることもあります。

 多くの方はこのことを知らないため、任意保険基準で示談に応じてしまいます。 また、被害者の方が適正な賠償額に増額するよう交渉しても、保険会社担当者は、専門的な保険・法律用語等を用いて殆ど増額に応じてくれません。

弁護士に依頼した場合

1. 適正な賠償額の獲得
  弁護士に依頼した場合、示談交渉や訴訟によって、適正な賠償額(裁判所基準)を得ることができます。すなわち、賠償金が2~5倍に増額する可能性があります。

2. 保険会社との交渉等のからの解放
  弁護士に一任することで、煩わしい保険会社との交渉から解放され、万が一訴訟になった場合でも弁護士が代理人として手続き、書類の作成等を行います。

PAGE TOP